《伪恋》漫画第172话图文情报

  本作是一部起初以假装成恋人的两人——身为黑道“集英组”头目的独子一条乐与美国黑帮“蜂巢”的当家千金桐崎千棘,以及一条乐所暗恋的女生小野寺小咲的三角关系为中心展开,随后又加入了性格各异的新角色——鸫诚士郎、橘万里花、奏仓羽的爱情喜剧。

游民星空

游民星空

游民星空

游民星空

  第172话 サンパイ

  キリバスから戻った翌日、千棘に诱われ初诣に行く事になった楽

  羽姉と家を出て歩く

  くしゃみする楽「…う?やっぱ日本は寒ぃな?」

  羽「そりゃ南の岛に比べたらね」

  楽「千棘は先に着いてるんだっけ」

  羽「そのハズだよ」

  千棘「お?いダ?リ?ンこっちこっち?」

  楽「おう千棘か おまたせ…」

  そこには千棘だけではなく皆がいる

  皆「明けまして!!おめでとうございま?す!!」

  集「やっほ?楽?あけおめ?!」

  鸫「遅いぞ一条楽」

  小咲「おはよう一条君」

  楽「な、な、な…なんで皆がここに…つーか春ちゃん达まで…」

  春「私は…お姉ちゃんがどうしてもって言うんで…」

  羽「私が声をかけたんだ どうせ行くなら一绪の方が楽しいでしょ?」

  楽「それはいいけど…なんで毎回サプライズ…」

  集「いや?ここに来るのも1年ぶりだねぇ?今日は巫女さんのバイトないの?」

  楽「ねぇよ 去年の事はあんまり思い出したくねぇんだけど…」

  风「去年は皆で初诣には行かなかったんですか?」

  集「いやぁ?それがね?行くつもりで集まったんだけど… あれ?どうしたの诚士郎ちゃん、桐崎さんも怖い颜して…あっウソ冗谈です!ちゃんと分かって…」

  悲鸣を上げる集

  楽「(…ん?初诣…?なんだ?思い出そうとすると头が…)」

  ここで万里花が居ない事に気付く楽

  答える羽「マリカちゃんは今日来られないって 旅行の疲れが出たみたいで大事をとって休むって」

  千棘「…珍しいわね あんたとの初诣になら热があったって飞んできそうなもんなのに…」

  真剣に心配する楽「…まぁ…な… …后で见舞いにでも行ってみっか」

  ポーラ「さっさと行こうぜ?私あの屋台见たい?!」

  鸫「ポーラあまり走るなー」

  小咲「フフッ…皆で来ると楽しいね」

  楽「…そうだな」

  チラッと小咲の晴れ着姿を见る楽「(あ?やっぱりかわいいな小野寺は 何着ても絵になるっつーか…)」

  どんな愿い事をするか寻ねる小咲「さっき皆で话してたんだ ここってあの神主さんもいるし本当にお愿いが叶っちゃうかもだから下手な事お愿い出来ないねって」

  楽「ああ…言われてみりゃ确かにな…全然考えてなかった 小野寺は何をお愿いするんだ?」

  颜を少し赤らめる小咲「え?…えーと内绪です」

  楽「ええ?!?な…なんだよ?気になるじゃねぇかよ?」

  小咲「フフ…もし叶ったら教えてあげるね」

  2人を少し离れて见ている春

  风「…気になるの?」

  春「え!?べっ…べべべ别に何が!?私はただお姉ちゃんと先辈が仲良さそうで良かったな?と…」

  风「ふ?ん…春はそれでいいの?」

  春「うぐっ!?…あのね风ちゃん いつも言ってるけど私は别に先辈の事なんて…」

  风「ふ?ん…それなら良いんだけど…神様にお愿いしたらチャンスあるかもね?」

  春「风ちゃん!?话闻いてる!?」

  鸫に何をお愿いするのか闻くポーラ

  鸫「…无论私はお嬢の安全と幸せを…」

  ポーラ「はぁ!?何をバカな事言ってんの!!こーゆう时ぐらい自分の事をお愿いなさいよ きっとお嬢様もそう言うんじゃないの?」

  鸫「うっ…いつになく锐い事を」

  ポーラ「そういう訳だからちゃんとお愿いすんのよ?あのぼーやとキスさせて下さいって」

  頬を染め惊く鸫「キッ…!!ハァアー!?」

  行动あるのみと言うポーラ「既成事実さえ作ってしまえば后はどうとでも…」

  鸫「ポ…ッ、ポーラァ?!!」

  楽「そういえば宫本って初诣きてもよかったのか?その…今って丧中になるんじゃ…」

  るり「问题ないわよ一条君」

  ほおばりながら说明するるり

  楽「…详しいんだな宫本」

  るり「とはいえ丧中に大騒ぎして楽しむのも非常识だけどね そもそも初诣で大騒ぎするのは非常识な事だけれど」

  楽「…确かに まぁつっても宫本が大騒ぎしてる所なんて元々イメージできねーけど…」

  その时、背后からナンパする集の声が闻こえる

  集の頬を殴るるり

  集「ギャ?!!ちょっとるりちゃん!!ま…まだ何もやってな…ほでゅあ?!!」

  最近集への当たりが更にきつくなった気が…と思う楽

  楽「(…あれ?…そういえば千棘の奴どこ行った?)」

  千棘はベンチに1人座りため息をついている

  そこに小咲がやってくる「…どうかしたの千棘ちゃん 何か考え事?皆先に行っちゃったよ?」

  千棘「…小咲ちゃん…」

  小咲「そういえばお愿い事ってもう决めた?本当に叶うかもなんて言われたらかえって悩んじゃうよね」

  千棘「…うんそうだね…ねぇ小咲ちゃん 小咲ちゃんは今好きな人と上手くいってる?」

  惊き飞び上がってあたふたする小咲「ちっ…!千棘ちゃあん!そんなもういきなり…千棘ちゃあん!!」

  千棘「うわぉ そんなに动揺しなくても それで…どう?あ、答えたくなかったらいいんだけど」

  大丈夫と言う小咲「こんな事话せるの千棘ちゃんとるりちゃんだけだし そうだね…今は…ちょっとだけ…悪く…ないかな

  最近きっかけがあってね 少しだけ…今までより近づけた気がしたの 具体的に何かが変わったわけじゃないんだけど 今は…少しだけ楽しいかな…

  だから私、今年こそは告白できますようにってお愿いするつもりなの 今日ホントは神様に决意表明をしに来たんだ」

  千棘「すごい…!!ステキ…!!小咲ちゃん辉いてるよ…!!」

  照れる小咲「い…いや…そんな事は全然…」

  千棘「うう…いいな? 私は最近亲友だなんて言われちゃって… それ自体は嬉しいんだけど

  でもそれって异性としては见られてるのかなって…私どう考えてもそいつに女の子扱いされてる気がしないのよね

  このままなんの进展もないまま终わっちゃうんじゃないかと ハァ…」

  小咲「…そうだったんだ …でもやっぱり悪い事じゃないんじゃない?亲友なんて同性同士でもそうハッキリ言われる事なんてあんまりないと思う

  少なくともその人にとって千棘ちゃんが大切な人なのは确かなんじゃないかな」

  千棘「…そうかな…」

  小咲「そうだよ…!少なくとも绝対嫌われてはないんだし千棘ちゃんが心配ならもっと女の子アピールしてみるといいかもだよ?

  だって千棘ちゃんほど魅力的な女の子なんてそうはいないもん!绝対大丈夫だよ…!」

  感动する千棘「小咲ちゃん…!!ありがとう!!なんか元気出てきた…!!」

  小咲「良かった」

  千棘「小咲ちゃんも上手くいくといいね 私だって小咲ちゃんほどステキな女の子は他に知らないもん!その人も本当は今顷待ってるかもしれないよ?」

  小咲「うう…それはないと思うけどありがとうがんばる」

  2人を见つけた楽がやってくる「お?いそろそろ参拝に行くってよ 行こうぜ?」

  明るい表情で返事する2人「はーい」

  いざ参拝へ

  千棘「(弱気になってる场合じゃない 绝対振り向かせてみせるんだから…!今年はもっと积极的になろう…!そしてきっと…あいつと…!)」

  小咲「(今年こそ想いを伝えます どうか勇気をお贷し下さい そして…どうか…)」

  春「(お姉ちゃんと先辈が结ばれますように结ばれますように…てゆーかさっさといい加减结ばれますように でないと私が…その…アレなんで…!!)」

  鸫「(キス…じゃない!!お嬢の安全とキスが…じゃなくて!!幸せなキスを…ってあーもう私は何を考えて…!!)」

  风「(春が幸せになりますように)」

  羽は楽の幸せから始まりみんなの名前をどんどん思い浮かべていく

  本気の形相のポーラ「(おっぱいが!!大きくなりますように!!おっぱいが!!)」

  るりは平穏无事を

  集「(空からかわいい女の子が落ちてきますよう…)」

  ここまで愿った所で察知したるりにやられる

  一同「(…そして…今年も良い年でありますように…)」

  参拝も终わり自由行动することに

  楽と集はトイレに行く

  小咲「それにしても寒いね?あったかい饮み物でもあればいいんだけど」

  ポーラ「あ、それなら向こうで无料で配ってたわよ」

  それは甘酒…

  酒って书いてるけどお酒じゃないから饮んでいいらしいということで皆で饮む

  ゴゴゴゴゴゴゴ…

  次回、ニセコイ 173 へ!!

  第172话圣馅饼

  从基里巴斯回来的第二天,千刺诱我首次诣去的事了乐

  羽毛和姐姐离家走

  “打喷嚏的轻松…吧?果然日本是寒冷的?」ぃ

  只“那当然是南方的岛相比。”

  轻松的「千棘先到啊?”

  “那只巴豆。”

  “千刺?只有?契约?潘德这边这边?」

  “千刺轻松喔?久等了……”

  那里是千刺不仅有大家

  大家“新年!!恭喜?!!”

  集“やっほ?乐?新年?!」

  鸫慢了一条“乐”

  小咲“早上好一条君”

  轻松的,“啊,的…为什么大家都在这里…话说春酱达为止……”

  “我的春天…姐姐说无论如何也想’呢。

  “我只打了招呼。反正去的话一绪比较开心的吧?”

  乐“那好,不过…为什么每次惊喜……”

  集“不?来这里也时隔1年呢?今天是巫女的打工吗?”

  轻松啊“去年的事不太想想起啊…”

  风“去年首次诣大家没去吗?”

  集《呀?可是呢?打算去聚集了…咦?怎么了诚士郎酱,桐崎先生也很可怕颜了…有冗谈谎言!好好地明白……”

  发出哀鸣声集

  “(乐…吗?首次诣…?什么啊?回想的。头…)”

  在这里万里花不在的事注意到的轻松

  回答只“マリカ酱今天不能来的是旅行的疲劳出来了一样重要,对休息了”

  “千刺…真少见啊,与你的第一诣就热也有可能飞这样的啊……”

  认真的担心“轻松…青森…的……在后见舞去见是?”

  POLA“赶快走吧?我想见?!」那摊子

  鸫“POLA太跑啊”

  小咲“フフッ…大家来的快乐吧?”

  乐“…是啊”

  稍微小咲的礼服身姿的轻松见“(啊?果然可爱的小野寺穿什么都画的话说……)”

  没有什么愿做事?寻2CH小咲“刚才大家话当成是在那个主祭先生也在真愿。也许叶っ了所以笨拙的事您愿不能说”。

  乐“啊…被みりゃ确巨蟹的…完全没考虑的小野寺是您愿见面啊?”

  颜稍微红小咲“诶?…嗯内绪。”

  “嗯?!?轻松的…什么啊?很在意呀。?」

  小咲“拥护…如果叶っ的话告诉我哦”

  2人有点离被见的春天

  风“…在意吗?”

  春天“诶!?吃了…平台别吃什么!?我只是和姐姐先到很好的样子真是太好了的吗?…”

  不风「不?…春天是那么好呢?”

  春天“明吧!?…那个啊风酱总是说我是别给先到的事情……”

  不风「不?…那就好…如果您愿神神州的机会的吧?”

  春天“风酱!?话闻盛开!?”

  鸫什么您愿见面?听到了改变宝丽

  鸫“…无论我小姐的安全和幸福……”

  POLA“哈!?什么愚蠢的事啊!!这个时左右自己的事您愿いなさ有一定的大小姐也这么说的吗?”

  鸫:嗯…平时不锐事”。

  POLA「那样的译,所以好好愿椅子啊?那位bo—和与吻请让我”

  脸颊绯红惊改变鸫“紧…!!ハァアー!?”

  行动只有POLA说“既成事实只要做成后怎么也……”

  鸫“波…啊,啊?!!」宝丽

  “说起来宫本轻松是首次诣来也太好了?那个…现在是丧中的话……”

  琉璃“问题啊一条君”

  脸颊边的琉璃说明梁

  乐“…啊宫本”详万籁俱寂。

  琉璃“虽说丧中大吵大闹的也非常享受识呢本来首次在诣大做文章非常识的事,不过”

  乐“…确理青森阿良宫本大吵大闹的地方之类原本形象无法认同,但是……”

  那时,从背后搭讪集的声音

0 个评论

要回复文章请先登录注册